衆議院議員選挙 候補者の政策を知るために


by funabashi-senkyo

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第4区(船橋市) 

公 開 質 問 状
※ 質問はABまたはABCDで一組です。一つを選択して○をしてください。


  (自) 自由民主党 (民) 民主党 (社) 社会民主党 (共)日本共産党
  (幸) 幸福実現党 (み)みんなの党  回答は順不同 (敬称略)


(1)地方分権

A) 補助金や国の直轄事業等により、国の権限を残しながら、臨時
  交付金等で、自治体間の格差を是正する
B) 国の直轄事業の地方負担を廃止し、地方の意見がきちんと言える
  場を確保し、地方の税源移譲を今以上に行い、地方主権を確立する

藤田(自)   野田(民) B  斉藤(共)   山中(幸)   野屋敷(み) B 

(2)景気・雇用・税源
  ● 景気対策
A) 3年間で200万人の雇用を確保し、経済成長率2%をめざす
B) 中小企業法人税を引き下げ、最低賃金を1,000円にする。

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

  ● 消費税
A) 景気回復を前提だが、消費税のアップし、財源の一部とする
B) 無駄の排除と予算組み替えで財源をねん出し、消費税は現状のまま
C) 社会保障目的税として検討を始める
D) 消費税は廃止する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

 ● 労働者派遣法
A) 労働者の派遣を原則自由化したことにより、非正規労働者が労働者数の
  1/3にも達したことから、労働者派遣法を抜本的に見直す
B) 行き過ぎた規制緩和を適正化し、製造現場への派遣を原則禁止すること
  など、労働者派遣法を見直し、派遣労働者の雇用の安定を図る

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

(3)公共工事
  ● 道路
A) 凍結されていた国道18路線中17路線の再開をし、費用対効果にとらわ
  れず、経済活性化ため財政支出をする
B) 凍結されていた国道18路線の工事は、費用対効果を厳密にチェックした
うえ、必要性を見直し、かつ既存道路や橋脚の維持補修を優先する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 ナシ 

●ダム建設
A) 八ツ場ダム・川辺川ダムは計画通り実施する
B) 八ツ場ダム・川辺川ダムは中止する

藤田   野田 B   斉藤   山中   野屋敷 ナシ 

(4)年金・社会保障
  ●  年金
A)年金制度の一元化はせず、社会保障番号・カードを導入する
B)年金制度の一元化をし、月7万円の最低保障年金を実現する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

  ●  社会保障費の削減
A) 毎年2200億円削減の枠を外し、毎年の自然増には対応する
B) 今までの減額による影響を精査し、必要に応じて増額する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

  ●  医療
A) 膨大な医療費を削減するため、公的病院を民営化・統廃合を進める
B) 医療難民をなくすため、地方の公的病院の存続を支援する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

● 後期高齢者医療制度
A) 後期高齢者医療制度を継続する
B) 後期高齢者医療制度は廃止する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

● 高齢者施設基盤整備
A) 施設介護よりも、在宅介護へシフトすることにより、経費を削減する
B) 施設の増設はもとより、在宅支援のため、地域密着型施設など在宅サ
  ービスを充実する

藤田   野田 B 斉藤   山中   野屋敷 ナシ 

● 障害者権利条約
A) 障害者権利条約は批准するが、国内法は見直さない
B) 障害者権利条約を批准し、必要な国内法の整備を行う

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 ナシ 

(5)子育て・教育
  ● 子供の教育費・子供手当等
A) 3歳~5歳までの幼児教育の無料化と、高校大学の奨学金制度創設
B) 中学卒業まで月2万6千円の子供手当と、高校まで授業料無料化

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

  ● 障害児の教育
A) 障害のある子とない子が別のところで学ぶことを基本とする、現
 在の分離別学制度を維持
B) 障害のある子とない子が同じ教室で学ぶことを基本とする教育制
  度に変更

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

  ● 学校施設のバリアフリー化

A) エレベータ設置の義務付けは、特別支援学校だけでよい
B) 特別支援学校と同様、小中高等学校においてもエレベータ設置を義務
  付ける

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

 (6)男女共同参画
  ● ポジティヴアクション    *積極的是正措置
A) 男女の性別にかかわらず、能力や仕事の内容によって昇進させる
B) 同一の能力のある男女なら、女性の登用を積極的に進めるべきだ

藤田   野田 A  斉藤   山中   野屋敷 B

  ●  ひとり親家庭支援
A) ひとり親家庭への支援を充実する
B) 母子家庭の生活保護の母子加算を復活するとともに、父子家庭へも児童
  扶養手当を導入する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 
  ● 次世代育成支援推進法
A) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる「一般事
  業主行動計画」ついては、今後もそれ以下の中小企業は努力義務のままで
  よい
B) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる「一般事
  業主行動計画」ついては、さらに中小企業にも義務付けし、財政支援をする

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

(7)環境
  ● CO2削減
A) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を2005年から15%削減する
B) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を1990年から25%削減する

藤田   野田   斉藤   山中   野屋敷 B 

  ● 三番瀬
A) 猫実川の埋めたてをして、人工干潟を導入し、市民に親しまれる海
  岸を作る
B) 猫実川は多様な生物がおり、保全するとともに、人工干潟は反対である

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B

  ● 第2湾岸道路
A) 三番瀬を埋め立て、第2湾岸の足場を作り着実に道路を作る
B) ラムサール条約登録を目指し、湿地を保全する立場で、道路の建設には
  反対である

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

 (8)平和・外交
  ● 憲法9条第2項
A) 2項を見直す
B) 2項は見直さない

藤田   野田 A  斉藤   山中   野屋敷 B 

  ● 核兵器削減計画
  A) テロや、北朝鮮の脅威などもあり当面核兵器の削減は難しい。日本政府
    としてはオバマ大統領の核兵器削減計画には全面的には賛成できない
  B) 核兵器廃絶を核使用国として初めて打ち出したオバマ大統領の核兵器削
    減計画を支持する

藤田   野田 B  斉藤   山中   野屋敷 B 

(9)自由記載

衆議院議員に当選した場合、特に取り組みたいことは何ですか?
100字以内にお書きください                                                                                    
野田佳彦:民主党政権においては、首相の下に「科学技術戦略本部」を新設し、宇宙や海洋   など新しいフロンティア開発をすすめ、日本人が夢をもてる国家百年の大計をつくりたい。                                           
                                      
野屋敷いと子:困ったときこそ、支えあう、温かで強い共生地域をつくりましょう。


                                            
                                           
                                           
                                           

回答日:   21 年 8月 12日  
ご署名:              
ご協力ありがとうございました。

[PR]
by funabashi-senkyo | 2009-08-21 19:57
(2009.8.30投票  衆議院議員選挙 千葉4区)

女性政策に関する 公開アンケート 集 計  

 立候補予定者:アイウエオ順      <質問文作成 千葉の未来をつくる会>

斉藤和子 (日本共産党)
野田佳彦 (民主党)
野屋敷いと子(みんなの党)
藤田幹雄 (自由民主党)    8月14日現在 未回答
山中宏一郎(幸福実現党) 8月14日現在 未回答
    
* 質問はAB一組となっています。いずれかの□にチェックを入れてください。
* ご自身のお考えに合う回答がない場合は20文字以内の文章回答も可。集計は
到着順。

□A)労働者派遣法を規制強化し、登録型派遣制度は原則禁止し、直接雇用にする。
□B)労働者派遣法は、柔軟な雇用に寄与した面もあり、見直しは不要である。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)労働基準法の「同一価値労働同一賃金」の完全実施にむけて、罰則の検討を
ふくめ早急に取り組む。
□B)「同一価値労働同一賃金」は、現在の日本の現状では、完全実施は困難である。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)有期雇用の短期の繰り返し雇用や低賃金の据え置きは、廃止すべきである。
□B)有期雇用の短期契約は、柔軟な雇用制度であり、存続させる。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)母子家庭に支給されている児童扶養手当の有期化を撤廃する。
□B)児童扶養手当の有期化は、財政上、やむをえない。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)民法の「親族間扶養義務」の規定を緩和し、この分野における公的支援を
拡充する。
□B)民法の「親族間の扶養義務」の規定は、日本の良き伝統であり、緩和すべ
きでない。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)税制上の専業主婦の優遇措置は廃止すべきである。
□B)専業主婦の優遇制度は、持続すべきである。

野田 A   斉藤 B   野屋敷 B

□A)学校における「性教育」は、すすんで実施されるべきである。
□B)学校における過激な「性教育」は、行うべきではない。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)女性議員比率を上げるためにはクォータ制(例:男女交互の名簿制度)
を導入する。
□B)クォータ制の導入はしない。

野田 B   斉藤 ※   野屋敷 A
       ※どちらともいえない

□A)現在の「ジェンダー統計」のやり方を見直し、改善する。
□B)現在の「ジェンダー統計」で、十分その役割は果たしていると考える。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)社会保障給付費の予算をふやすべきである。
□B)社会保障給付費の予算は、財政上、これ以上の増額は困難である。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)夫婦別姓選択制の実施をする。
□B)夫婦別姓選択制は時期尚早である。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)海外からの介護労働者の導入は、慎重に対応すべきである。
□B)海外からの介護労働者の導入は、今後もすすめていくべきである。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)女性差別撤廃条約の選択議定書の批准をするべきである。
□B)女性差別撤廃条約の選択議定書の批准は時期尚早である。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)民間化された保育園の質を維持できる法整備につとめる。
□B)民間の保育園は、現在の法律で、十分にカバーされている。

野田 A   斉藤 ※   野屋敷 A
        ※民間化すべきでない

□A)「ジェンダー」という言葉の行政文書や学校教科書での使用の禁止はおかしい。
□B)「ジェンダー」という言葉は、行政文書や学校教科書での使用はすべきでない。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)「ジェンダー」に関する書籍を公立図書館から排除するのは、まちがいである。
□B)「ジェンダー」に関する書籍を公立図書館から排除するのは、当然である。

野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

□A)性別役割分業は、今の時代にあわないと考える。
□B)性別役割分業は、日本の良き伝統であり、守るべきである。

 野田 A   斉藤 A   野屋敷 A

                               以上

[PR]
by funabashi-senkyo | 2009-08-15 01:14
女性施策に関する  公 開 質 問 状 

*質問はAB一組となっています。いずれかの□にチェック
を入れてください。
 
□ A)労働者派遣法を規制強化し、登録型派遣制度は原則禁止し、直接
雇用にする。
□ B)労働者派遣法は、柔軟な雇用に寄与した面もあり、見直しは不要
である。

□ A)労働基準法の「同一価値労働同一賃金」の完全実施にむけて、罰則
の検討をふくめ早急に取り組む。
□ B)「同一価値労働同一賃金」は、現在の日本の現状では、完全実施は
困難である。

□ A)有期雇用の短期の繰り返し雇用や低賃金の据え置きは、廃止すべきで
ある。
□ B)有期雇用の短期契約は、柔軟な雇用制度であり、存続させる。

□ A)母子家庭に支給されている児童扶養手当の有期化を撤廃する。
□ B)児童扶養手当の有期化は、財政上、やむをえない。

□ A)民法の「親族間扶養義務」の規定を緩和し、この分野における公的
支援を拡充する。
□ B)民法の「親族間の扶養義務」 の規定は、日本の良き伝統であり、
緩和すべきでない。

□ A)税制上の専業主婦の優遇措置は廃止すべきである。
□ B)専業主婦の優遇制度は、持続すべきである。

□ A)学校における「性教育」は、すすんで実施されるべきである。
□ B)学校における過激な「性教育」は、行うべきではない。

□ A)女性議員のクオータ制(例:男女交互の名簿制度)の導入を実現する。
□ B)女性議員のクオータ制は、導入すべきでない。

□ A)現在の「ジェンダー統計」のやり方を見直し、改善する。
□ B)現在の「ジェンダー統計」で、十分その役割は果たしていると考える。

□ A)社会保障給付費の予算をふやすべきである。     
□ B)社会保障給付費の予算は、財政上、これ以上の増額は困難である。

□ A)夫婦別姓選択制の実施をする。
□ B)夫婦別姓選択制は時期尚早である。

□ A)海外からの介護労働者の導入は、慎重に対応すべきである。
□ B)海外からの介護労働者の導入は、今後もすすめていくべきである。


□ A)女性差別撤廃条約の選択議定書の批准をするべきである。
□ B)女性差別撤廃条約の選択議定書の批准は時期尚早である。

□ A)民間化された保育園の質を維持できる法整備につとめる。
□ B)民間の保育園は、現在の法律で、十分にカバーされている。

□ A)「ジェンダー」という言葉の行政文書や学校教科書での使用の
禁止はおかしい。
□ B)「ジェンダー」という言葉は、行政文書や学校教科書での使用は
すべきでない。

□ A)「ジェンダー」に関する書籍を公立図書館から排除するのは、まち
がいである。
□ B)「ジェンダー」に関する書籍を公立図書館から排除するのは、当然
である。

□ A)性別役割分業は、今の時代にあわないと考える。
□ B)性別役割分業は、日本の良き伝統であり、守るべきである。

<自由記載>

衆議院議員になったら、特に力をそそぎたい女性に関する施策があれば、100字
以内でお答えください。










ご回答 ありがとうございました。   

[PR]
by funabashi-senkyo | 2009-08-15 00:59



              公 開 質 問 状          
 ※ 質問はABまたはABCDで一組です。一つを選択して○をしてください。
(1)地方分権

A) 補助金や国の直轄事業等により、国の権限を残しながら、臨時
交付金等で、自治体間の格差を是正する
B) 国の直轄事業の地方負担を廃止し、地方の意見がきちんと言える
場を確保し、地方の税源移譲を今以上に行い、地方主権を確立する

(2)景気・雇用・税源

  ● 景気対策

A) 3年間で200万人の雇用を確保し、経済成長率2%をめざす
B) 中小企業法人税を引き下げ、最低賃金を1,000円にする。

  ● 消費税

A) 景気回復を前提だが、消費税のアップし、財源の一部とする
B) 無駄の排除と予算組み替えで財源をねん出し、消費税は現状のまま
C) 社会保障目的税として検討を始める
D) 消費税は廃止する

 ● 労働者派遣法

A) 労働者の派遣を原則自由化したことにより、非正規労働者が労働者数の
1/3にも達したことから、労働者派遣法を抜本的に見直す
B) 行き過ぎた規制緩和を適正化し、製造現場への派遣を原則禁止すること
など、労働者派遣法を見直し、派遣労働者の雇用の安定を図る

(3)公共工事

  ● 道路

A) 凍結されていた国道18路線中17路線の再開をし、費用対効果にとらわ
れず、経済活性化ため財政支出をする
B) 凍結されていた国道18路線の工事は、費用対効果を厳密にチェックした
うえ、必要性を見直し、かつ既存道路や橋脚の維持補修を優先する

  ● ダム建設

A) 八ツ場ダム・川辺川ダムは計画通り実施する
B) 八ツ場ダム・川辺川ダムは中止する

(4)年金・社会保障

  ●  年金

A)年金制度の一元化はせず、社会保障番号・カードを導入する
B)年金制度の一元化をし、月7万円の最低保障年金を実現する

  ●  社会保障費の削減

A) 毎年2200億円削減の枠を外し、毎年の自然増には対応する
B) 今までの減額による影響を精査し、必要に応じて増額する

  ●  医療

A) 膨大な医療費を削減するため、公的病院を民営化・統廃合を進める
B) 医療難民をなくすため、地方の公的病院の存続を支援する

  ● 後期高齢者医療制度

A) 後期高齢者医療制度を継続する
B) 後期高齢者医療制度は廃止する

  ● 高齢者施設基盤整備

A) 施設介護よりも、在宅介護へシフトすることにより、経費を削減する
B) 施設の増設はもとより、在宅支援のため、地域密着型施設など在宅サ
ービスを充実する

  ● 障害者権利条約

A) 障害者権利条約は批准するが、国内法は見直さない
B) 障害者権利条約を批准し、必要な国内法の整備を行う

(5)子育て・教育

  ● 子供の教育費・子供手当等

A) 3歳~5歳までの幼児教育の無料化と、高校大学の奨学金制度創設
B) 中学卒業まで月2万6千円の子供手当と、高校まで授業料無料化

  ● 障害児の教育

A) 障害のある子とない子が別のところで学ぶことを基本とする、現
在の分離別学制度を維持
B) 障害のある子とない子が同じ教室で学ぶことを基本とする教育制
度に変更

  ● 学校施設のバリアフリー化

A) エレベータ設置の義務付けは、特別支援学校だけでよい
B) 特別支援学校と同様、小中高等学校においてもエレベータ設置を義務
付ける

 (6)男女共同参画

  ● ポジティヴアクション    *積極的是正措置

A) 男女の性別にかかわらず、能力や仕事の内容によって昇進させる
B) 同一の能力のある男女なら、女性の登用を積極的に進めるべきだ

  ●  ひとり親家庭支援

A) ひとり親家庭への支援を充実する
B) 母子家庭の生活保護の母子加算を復活するとともに、父子家庭へも児童
扶養手当を導入する

  ● 次世代育成支援推進法

A) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる「一般事
業主行動計画」ついては、今後もそれ以下の中小企業は努力義務のままで
よい
B) 平成23年から101人規模の従業員を持つ企業に義務付けられる「一般事
業主行動計画」ついては、さらに中小企業にも義務付けし、財政支援をする

(7)環境

  ● CO2削減

A) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を2005年から15%削減する
B) 地球温暖化を防ぐため、CO2の削減率を1990年から25%削減する

  ● 三番瀬

A) 猫実川の埋めたてをして、人工干潟を導入し、市民に親しまれる海
岸を作る
B) 猫実川は多様な生物がおり、保全するとともに、人工干潟は反対である

  ● 第2湾岸道路

A) 三番瀬を埋め立て、第2湾岸の足場を作り着実に道路を作る
B) ラムサール条約登録を目指し、湿地を保全する立場で、道路の建設には
反対である

 (8)平和・外交

  ● 憲法9条第2項

A) 2項を見直す
B) 2項は見直さない

  ● 核兵器削減計画

A) テロや、北朝鮮の脅威などもあり当面核兵器の削減は難しい。日本政府
としてはオバマ大統領の核兵器削減計画には全面的には賛成できない
B) 核兵器廃絶を核使用国として初めて打ち出したオバマ大統領の核兵器削
減計画を支持する

 (9)自由記載

衆議院議員に当選した場合、特に取り組みたいことは何ですか?
100字以内にお書きください                                                                                    
                                           
                                      
                                           
                                           
                                           
                                           

回答日:     年   月   日  
ご署名:              
ご協力ありがとうございました。

[PR]
by funabashi-senkyo | 2009-08-12 20:38